空白 未分類

新しい一歩 7

「ボンやっとやったみたいよ」
「そんなのサエに報告するか?」
 飽きれてサエの背中に声をかける。今日は二人にとって初めての日曜日だが、ミナミに端切れの買い出しに駆り出された。物色に3時間ほどかかると言われて仕方なく街の中をうろつく。裏道を抜けていくと道頓堀の馬券売り場に出る。しばらくオッズを見ているがさほど興味がわかない。裏道の屋台に入ってビールを頼む。サエの入っている店から100メートルも離れていない。
 2本目を頼もうと親父を見るがトイレにでも行ったのか姿がない。隣の労務者が小銭を置いて席を立つ。私もそれにならって小銭を置いて暖簾を出る。路地を元来た道に歩き出す。
「おい!」
 後ろから3人組が羽交い絞めにしてさらに狭い路地に押し込む。
「金は置いてきたで」
「そんなんどうでもええ。顔見せえ!」
「兄貴、本人やろ?」
 兄貴が上着のポケットから写真を出す。
「賞金首や」
 その声に思い切りあの兄貴の体に頭をぶつけた。それから両手を振り回して路地に出る。一人が足に飛びついてくる。それを辛うじてかわすともう一人が飛び掛かって来るのにこちらから体を当てる。路地から出てきた兄貴とちらりと目が合う。ピストルを構えている。思い切り走りだす。バンと音がして体が宙に浮く。
 目が覚めるとまたやぶ医者のベットに寝ている。サエが涙を浮かべてこちらを見ている。
「ごめんや。連れまわしたから見つかってしもた」
「脇腹の端を貫通してる。もうちょっとずれてたら骨がバラバラや」
 やぶ医者が血の付いたガーゼを洗面器に入れる。












スポンサーサイト

過去のこと 5

 今日は金融ブローカーのやっさんが寿司屋に記者を連れてきている。
「彼は週刊誌で伊藤の記事を書いている。今回記事の情報提供もしたので連れてきた。ちょっとあの未完成の原稿見せたれや?」
 言われて記者がバックから原稿を出す。
「これは初めての記事ですね?」
 もう飽きるほど週刊誌を読み漁ってきたが、この記事に触れた他社の記事はなかった。
「新宿に『白薔薇』という会員制のクラブがあります。ここは取材に出かけましたよ。ママは歳は30歳頃のニューハーフです。ちょっと女でもかなわないシャープな美しさです。彼女なら男でもと思いましたよ。取材には応じてくれませんでしたが、他の店の子に話を聞きました」
 クラブの入り口の写真を見て記憶を掠るものがあった。
「伊藤はここの裏のオーナーらしいのですよ。店の子に言うとママはオーナーと呼んでいるとのことでした。店の登記を調べたら、伊藤の妹名になっています。ここによくS銀行の頭取が御忍びで来ているということです。これは私の調査ではまだ頭取になる前に総会屋にいた伊藤と出会っています。想像ですが、頭取をここに連れてきたのだと思います」
「面白いやろ?」
「この時期から2年である日伊藤は縁のないITMファイナンスの役員になっている。これはS銀行の頭取になった功労賞の様なものです。頭取はITMファイナンスの企画を持っていたのだと思います。私は個人的に彼が日本バブルの火付け役と思っています」
「その伊藤と頭取が最近は仲が良くないと記事に出ていますが?」
「そうなんですよ。これも私の大いなる想像ですよ。ひょっとしたら伊藤が隠しカメラでママと頭取の絡むのを撮ったのではないかと」







成りゆき 7

 会計の女性が入ってようやく外回りをし始めた。まともな小口は半分もない。親分は今夜番頭と会うらしい。集金から戻るとソファーにあの白髪交じりの髭の金融ブローカーが来ている。親分とも面識があるようだ。親分が笑いながら手を上げて出ていく。
「大変やったらしいな。あの寿司屋に行っているしっかり仕事を済ませてきてや」
 と言うと出ていく。姉さんが帰ってきてカラオケバーに行かないかと誘うが断る。どうもサエに入れあげているようだ。サエからは一言もそんな話はない。あのアヤがいなくなってからサエがナンバーワンだそうだ。だがサエはカウンターから出ることはないと言う。カウンターの外は指だけでなく口まで使ってサービスするようだ。
 半時間で前の寿司屋を覗く。
「前頼まれていたのが少し分かったんだ。伊藤の後ろはS銀行の頭取だが、最近はあまり仲が良くないらしい。一つはITMファイナンスの焦げ付きが記事になり出している。その大半が伊藤のグレイな貸付だ」
 やっさんが週刊誌を広げる。
「新聞にでるようになって警察や税務署が動き出すが、週刊誌は興味本位だが案外事件の導火線になりうるんだ。こちっとら金融では素晴らしい情報源だ」
「それと伊藤が何やら頭取を脅している噂もある。これはまだ闇の中だがな」
と言って頭取の白黒写真を見せる。何か記憶にひっかる部分がある。
「この頭取は珍しく東大や京大ではなく私立出身だ。かなりやばいところをすり抜けてきたと思うわ」







始まり 2

 長い眠りから覚めた。
 四人部屋の窓際のベットに寝かされている。汚れた窓ガラスの向こうに片隅だけ通天閣が見える。窓際に小さな瓶にコスモスが1本風に揺れている。その先にくたびれた白衣の背中が見える。
「その花は彼女が活けたよ」
 やぶ医者。そういう少女の声が耳元に残っている。
「もうここに来て丸3日になる。初めての目覚めだ。彼女は毎日ここに来て1時間ほど座って帰る。さっき帰ったところだ。夕暮れになると仕事に行くようだね」
「彼女は何をしているのですか?」
「それはじっくり君が聞くべきだな」
 隣ベットに黒髪の女が珍しそうに私を見つめている。
「それとこの病院には正式に患者を泊める施設がない。明らかに仮に預かっているだけだ。男も女もないさ。ここは行き倒れがいるか。喧嘩で担ぎ込まれたものか。梅毒のものか。それと君は寝たきりだったから、おしめをつけている。それを替えてくれたのも彼女だ。恥ずかしいか?それなら正常だな」
 隣の女がくすっと笑いをこらえた。
「名前は?」
「・・・」
「やはりな。一時的か永久にか記憶を失ったな。頭部の打ちどころが悪かった。7針縫った。左腕は手首と指が2本折れている。そう着ていた背広は彼女が持って帰った。今来ているパジャマも彼女が買ってきて着せ替えた」
 しっかり少女の顔は覚えている。だがぶつかる前の記憶が失われている。
「先生上げるぞ」
 野太い男の声がして1階からして階段の軋む音がする。大きな頭が現れて若い男を軽々持ち上げて上がってくる。
「入口に置いてくれ。手当は済んだが腹を刺されている。チンピラやくざだが常連さ。これで満室だな」
 そう言われてもう一つのベットを見る。
 布団をかぶったままだが微かに動いている。







 

登場 3

 『白薔薇』のママから裏切られてあのやくざが現れたら諦めることにした。それだけ彼女の登場がインパクトがあった。それから急に寝ているサエを起こして抱くようになった。何か記憶が蘇るのが恐ろしかった。
 久しぶりに新聞記者から前の小料理屋で会いたいと連絡があった.
「伊藤は不起訴になりましたよ」
 ビールを一息であおると、記者は残念そうに話しだす。
「もちろん不良貸し付けについては捜査はまだ続きます。だがメインバンクの調査が中止されたのです。どうも頭取の指示だという噂が流れています」
「『白薔薇』のママは何者ですか?」
「前も言ったように元々は伊藤の女と言われていますが、途中から頭取の女のなったように思います。表向きは30歳と言われていますが、伊藤の店に出た頃は18歳と記録には出ているので、そこから逆算すると27歳になるのですが、それよりまだ2つ3つ若いと」
 彼は鞄の中から店に出た頃の写真を出してみせる。
「今彼女はどちらについているのですか?」
「頭取です。これはまだ公表していないのですが、頭取と彼女の繋ぎは第2課長のあなたがしていたのです。彼女は店の最上階のマンションに住んでいます。どうもそこに頭取が来ていたようです。頭取が来るときは必ず店にあなたが現れたそうです」
 記者はかなり調べてきているようだ。
「彼女はあなたの失踪から関東のやくざとは別にプロの探偵にあなたを探させていたようです。これは最近分かりました。これは私の勝手な推測ですが、伊藤はあるもので頭取を脅していたようです。あるものは分かりません。頭取は確かに弱みを持っていたのでかなり彼の言いなりになっていたようです。それがあなたの手元にあると双方思っています」
「それは何ですか?」
「分かりません。だから近々に私は『白薔薇』のママと会うように思うのです」
 実は偶然にすでに会ってしまっていた。
















プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR