空白 真相 8
FC2ブログ

真相 8

「掛けてください」
 見晴らしの良い部屋の大きなガラス窓から大阪の町が見下ろせる。正面の席に検察官、その横に事務官がパソコンのキボードに指を置いて待っている。検察官は附箋のたくさん付いたファイルを順番に並べている。
「サングラスの男に車を当てられたのはこの時期でいいですか?」
 日付を示す。私が頷く。
「その前の記憶は?」
「ありません」
「その時持ち物は?」
「黒鞄です」
「何が入っていましたか?」
「200万少しの現金です。他は何も入っていません」
「その鞄提出してもらえますか?」
「ええ」
 今度はファイルを置き換える。
「『白薔薇』のママとは会ったことがありますか?」
「ホテルの取引で偶然に」
「その時顔を思い出しましたか?」
と日付も見せる。
「いいえ。その日付だと思います」
 どうもすでにカオルの調書を取っているようだ。
「東田透はあなたに新堂修司だと告げましたか?」
「はい」
「それから合わせて何度会っていますか?」
「今回の写真と盗聴を貰った2度です」
「食事を済ませたら1時からお願いします」








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR