空白 真相 9
FC2ブログ

真相 9

 再びドアを開けると調書のファイルが先程より増えている。
「続いて聞きますよ。伊藤と『白薔薇』の東田とITMファイナンスの社長は週刊誌に出ているような関係だったのですか?」
「記憶にありませんが『白薔薇』のママからはそう聞きました」
「伊藤の行方は?」
「知りません」
「あなたは銀行で第2総務課長のポストにいたと聞いています。第2課長は頭取の直属としての仕事をしていたと?」
と言いながら頭取の調書を開いて長い文章を見せる。ITMファイナンスの伊藤との調整役と書かれてあるが、総理の件はどこにも出ていない。
「頭取がそう説明されるならそうです」
「たとえば議員などの交渉も?これは第2課の社員の発言にあります。よく国会議事堂に行かれていたと」
「憶えていません」
「あなたは銀行でパソコンを調べましたがスケジュール表は大半記号ばっかりですね」
 検察官がコピーを見ながら、
「Tは頭取、Iは伊藤と読めますが、よく出てくるKとNが分かりません。引き継いだ第2課長はKともNとも接触してないようですね」
 とくに返答は期待していないようだ。
「これによるとあなたは行方不明になる日、Tの指示でKに会いに出かけています。その時部下の係長、後に第2課長になる彼のメモに頭取から『白薔薇』に行くように指示が出ています。Kは『白薔薇』ですね。彼のメモにはチャンスが来たとあります。彼は何を指示されて『白薔薇』に行ったたのでしょうか?後の調査で彼の鞄からお金が出てきています。これについては東田は彼が伊藤からお金を貰っていたと証言しています。でも問題はNが誰かです」







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR