空白 歪める 2
FC2ブログ

歪める 2

 翌朝検察のあのビルに呼ばれた。前回受けた検査官と違う。
「私は東京から来ました。『白薔薇』のマネージャーからお話を聞いていました。ママはどこに出かけたのか今は不明です。どうも色々な人から話を聞いてきましたが、あなたがキーマンのように思うので是非とも会ってみたかったのです」
 事務官が調書のファイルを順番に並べてからパソコンの前に座る。
「あなたとママは伊藤が引き合わせたとマネージャが言っていますが?」
「記憶にないです」
「そうでしたね。その頃は伊藤とママの関係は終わっていて頭取がママのパトロンになっていた。でも一度も店には顔を出さなかった。頭取がママの部屋に来る時は必ずあなたが先に店に現れる。そう証言しています」
 ページを繰りながら返事は求めず顔色だけ見ている。
「あなたは頭取の連絡係のようだったと。例の3人が写真を写した日、あなたは店に現れていない。と言うことはママが社長と寝たのは伊藤の依頼で頭取は絡んでいないと」
 私は記憶がないから反応もしない。
「マネージャーは伊藤がよく取引先をママに紹介していたと。その頃あなたもよく伊藤と飲んでいたようですな。ここからは今の記憶で聞いてください。黒サングラスの男はあなたを車でぶつけた?」
「はい」
「今あなたは総合的に判断して誰の指図だと思っていますか?」
「伊藤だと」
「なぜ伊藤だと?」
「これは『白薔薇』のママに直接聞いたのです。金を貰っていた係長がママの部屋に入った私をガス栓をひねって殺そうとしたと」
「ママの部屋にどうして入りました?」
「分かりません」





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR