空白 歪める 5

歪める 5

 もう立たないというまでお互い精液を絞り出した。最後には透明な一筋の水滴が亀頭の上に流れた。カオルも私も追い詰められていく恐怖感に包まれたようだった。
 カーテンから朝陽が漏れてきて時計を見た。カオルが風呂から出てきて、
「サンドイッチ頼んだよ。会社に行くのでしょう?食べたら私はもう少し寝てから大阪の店に出るわ」
 ドアブザーが鳴ってモーニングセットが運ばれてくる。カオルがバスタオルを巻いてドアを開ける。私はさっとシャワーを浴びるとタオルで拭きながらベットに座る。
「さすがにしょぼくれている。私はまだこれよ」
とカオルはバスタオルの中から反り立ったものを見せて笑う。
「まだ若いんだから」
 なんだか昔こんな光景を見たような気がした。
「新宿のマンションでは朝も必ずやったよ。サエは可哀そう。彼女はまだ若いんだから朝でも2度はしないとね」
「これからどうする?」
「頭取もそろそろエッチも表舞台もお終いだと思うわ。もう自分のが入れられないのよ。だから瓶やらを入れたがる。それに引退の時期を図っている」
「院政を引くのじゃ?」
と言いかけて少し記憶が戻り始めている妙な気がした。
 カオルも目を光らせた。
「修司夜私ののどちんこに思い切り入れたでしょう?」
「憶えてないな」
「あれは修司の癖よ。私が涙と涎まみれになるのを楽しみにしていた」






 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR