空白 歪める 6

歪める 6

 集金の合間に昼飯にボンと女将に店に入る。ボンは親父が倒れたので取り敢えず本店に5時から入るようになっている。それで最近は酒の配達はアルバイトを雇い、夜学はしばらく休んでいる。
「フミコ入院したんか?」
「サエのようにボンとはいかんもんな」
「確かに」
 ボンはサエが男だともう知っている。フミコもだ。最近は前ほど妹を強姦したという噂は少なくなっている。妹から抱きついたに変わっている。これはサエがボンを通じて流したものだ。
 ご飯を口に放り込んでテレビの画面を見る。
「あれITMファイナンスの社長やないか?」
とボンが音を大きくする。
「・・・検察の取り調べの後、5時間後死体で浮いていたと・・。外傷は見られず自殺ではないかと・・・」
 自殺か他殺か。伊藤の話を聞いてから頭取に恐ろしいものを感じている、そんな男だったのか。その男の忠実な手下だったわけだ。
「何か裏にとんでもないことが隠れているような気がするな」
 ボンがぼそっと言うのに妙に頷いている。私の記憶が戻ればおそらく解明されることは多いだろう。記憶が戻らないというのも危うい気がする。
「記憶が戻ってもサエを捨てたら許さんから」
「それは分かっている。その言葉はボンに返しておくよ」
 画面には『白薔薇』のカオルの写真が出ている。
「・・・検察が再度大阪にいる『白薔薇』の身柄を確保した…」





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR