空白 歪める 7

歪める 7

「寿司を食べませんか?」
 帰るところを見透かして記者が訪ねてきた。
「昨日から『白薔薇』のママが検察に泊められています。任意同行ではないのです」
「泊められた?」
 さすがにその情報はなかった。
「この情報はまだどこも記事にしていません。それだけに第2課長の意見を聞きたくて」
と言いながらビールを注いでくる。
「まず警察は社長の自殺を疑っています。確かに不正融資のあなたのメモが出て不利になっていますが、その証拠を示されたわけではありません。本人も今回は退任後の次の顧問も決まっています。それに彼が受けたバックは不明のままです」
「さすがに番記者ですね」
「『白薔薇』のママはちょうど社長が検察を出た時間には大阪に戻っています。つまり彼女にはアリバイがないのですよ。社長は検察で待っていた黒塗りの車に乗りました。警察で調べましたが盗難車でした」
「まさかママが社長を殺してどうなるのですか?」
「検察はそう思っています。これは私の勘ですが、頭取に検察は注目しているようです」
 それは何度かの聴収でも私も感じました。どうも伊藤はもうこの世に中にはいないような気がする。
「殺人は警察の管轄ですからね」
「ママはどう答えていますか?」
「大阪店にいたと。だが証人がいません」
 その時間だと私と阿倍野の白壁のホテルにいた。カオルはそれを伏せている。
「検察は殺人とは考えていないが、聞いておくにはいい機会だと思っているはずです」
 困ったことだなあ。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR