空白 歪める 9

歪める 9

「マスコミに伏せるというのは守る」
 電話で話した最初に入った大阪の検察官だ。隣に作業服を着た男が座っている。
「電話で話したように任意で嘘発見器を受けてもらいたい。それとアリバイの証拠を取らせてもらう。いいですか?」
 嘘発見器の手順を取るのに30分がかかる。その間に刑事がホテルに出かける。
「このホテルに修司と透が1晩泊ったということですね?」
 『白薔薇』のママの写真を指差して言う。
「はい」
「あなたの記憶は戻っていますか?」
「いいえ」
 検察官が一人で頷いている。
「ママとは第2課長時代そのような関係だったのですか?」
「とママから聞きました」
「その関係は今回が初めてですか?」
「いえ、同じホテルで2度目です」
「ママは伊藤と組んでいましたか?」
「記憶にはありません。ただ殺されそうになったのを助けたと言っています」
 検察官が机に黒サングラスの男の写真を置く。
「彼に車にぶつけられたと?」
「いえ、私を助けてくれた人がそう教えてくれました」
 2時間ほど様々な質問を受けた。電話が鳴って事務官が頷いている。
「アリバイは採れました」
「彼は同じ階にいます。もう少し待っていただければマネージャーが来ますのでご一緒いただけますが?」
「ええ」
「あなたは頭取に命じられて伊藤とママを調べていた?」
「記憶にはありません」













スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR