空白 新しい道 9

新しい道 9

 マネージャーからの封書を持って新幹線に飛び乗った。封書の中には全身鞭の傷が生々しく鮮血を噴いている写真が3枚入っている。とくにカオルの亀頭にホッチキスが多数打ち込まれていて真っ赤に染まっている。出る前にサエに黒鞄を預けた。毎日連絡が入らなくなったら記者に渡すように伝えた。
 八重洲口に降りると待っていたようにワゴンが近づいてくる。
「車は見張られているのでホステス送迎用のワゴンで来ました。これから寮の方に入ってもらいます」
 マネージャーの顔がいつになく強張っている。
「頭取の別荘に軟禁されているのか?」
「だと思います。頭取は会長とママが組んでいると見ています」
「なぜ急に会長と組むことに?」
「頭取が関東のやくざを使って部屋と店を家探ししたのです。次はあなたが狙われるとママが動いたのです。それだけ頭取は追い詰められています。ママが前から言っていたのですが、頭取は精神的に異常になっているとのことです。もちろん殺すようなことはないと思います。ママかあなたが鍵を持っていると思っていますから」
「でも駆け引きをしないと」
「そうです。力を貸してください」
「これは二人の戦いだ」
 マネージャーは用心深く何度もバックミラーを覗きながら池袋のホテル街を入っていく。
「店にも別荘にもやくざが何人も張り付いています。これからどうしますか?」
「まず今夜にでも会長と話してみます」
 記者から第1課長から1部削除したUSBの提供を受けると連絡を貰っている。
「会長は頼りになるのですか?」
「銀行を守るところでは頭取とも同じ部分がありますが、新しい銀行から彼を排除したいと考えています」
「合併は避けれないのですか?」
「遅すぎます」
 この合併が実現すれば日本一のメガバンクになる。すでに何年もかけて総理と準備がされていたはずだ。その調査も私のUSBに入っている。














スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 初めまして。

> 初コメント失礼します。
> ブログ開設当初からお世話になっております。
>
> 大変遅ればせながら、こちらからもリンクさせていただきましたのでご報告いたします。
> 併せて「夢追い旅」のほうもリンクさせていただきました。
> ありがとうございました。
>
> なお、このコメントへのお返事のお心遣いは必要ございませんので、お気になさらないでください。
> またお伺いさせていただきますね。


コメント有難うございます。
職業柄ペンネームで小説を書いてきました。
180度別人の世界に憧れて・・・。






プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR