空白 新しい道 12
FC2ブログ

新しい道 12

 今日も生存確認の電話をサエに入れる。部屋には電話がないので食堂でする。それから若頭の携帯に電話を入れる。
「すいません。今東京にいるのですが?」
「頭取に会うのか?」
「はい。ママが監禁されているので。あの組は分かりますか?」
「どうもあの殺されたサングラスの男は分家の横浜の組だ。その組長が指揮を執っているということだ。仲間内の話じゃ伊藤と組んでかなり金を引っ張っていたが、今は焦げ付いて100億ほどを抱えている。頭取と組んでその金を踏み倒す予定だ」
「武闘派なのですか?」
「いや、私と同じ経済やくざだ。得にならないことはしない。彼とは話ができる。必要になったら力を貸す」
 電話が切れると、すぐに探偵の携帯に入れる。
「昨夜別荘からママが運び出された。朝一番病院に寄って新しい隠れ家に移った」
「どうして病院に?」
「医者にも会って聞いたが、大腸に傷が出来ていて腫れているということだ。移したのは失踪届が出たからだそうだ」
 マネージャーが予定通り出したようだ。
「どこに移されたか分かるか?」
「今そのホテルにいる。デルヘル専門のホテルだ。彼女は動けないからそれほど警備は厳しくない。逃がすのは難しいが会うことはできる。女装で来れるか段取りはしておく」
 さっそくその話をマネージャーにしたら、あのちーママが衣装を揃えてやってきた。彼女は私を全裸にして化粧を施して女装させて車に乗せる。どうも彼女が今東京の店を見ているようだ。














スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR