空白 模索 1
FC2ブログ

模索 1

「ここの机でしばらくどうかな?」
 探偵の事務所にしばらく厄介になることにした。カオルがマネージャに連絡を入れて500万を借りることにした。しばらくは探偵事務所の近くのビジネスホテルに泊まることにする。
「頭取はあの日から別荘から出て赤坂のホテルに移っている。今日は9時から3時まで役員会だ。合併の件だ」
 新聞を開いて見出しを見せる。大型銀行合併の時代が始まるとある。すでに3つのグループが交渉を始めているようで政府が指導しているように見える。
「両行とも合併にはすでに合意しているが、どちらが頭取を採るかで揉めているようだ。助け出す準備はできているが?」
「実行は待ってほしい。頭取とはできるだけ円満に話で決めたい。やくざの方は大阪の若頭に相談している。頭取と会長では勢力はどうなんだ?」
「数では頭取派は多いが、腹の座った人物がいない」
と言いながら役員の派閥表を見せて説明する。これは私が作ったものに最近の修正を入れている。
「この◎の常務は?」
「その◎は君が点けていたので調べてみた。家系には遠いが長らく海外に出ていて、まだ50歳代後半だが切れる。頭取も何度か君に接待させて引き込もうとしていた。どうも会長は聞いたところでは相手銀行に若返りを要求しているようだ。役員会では頭取派は沈黙している。頭取逮捕が頭を過っているようだ。それに今は動ける腹心がいない」
 私のことだ。
「直接対決はしばらく待った方がいいと思う。今朝マネージャーから電話が入って、ママの使っていたパソコンもデターを盗まれたと言っていた。もちろんそんなところにはないと言っている」
「まだ足掻いているわけだな」
 私は鞄の中から鍵の型を取った薄紙に2桁のアルファベットと5つの数字を記載しているのを見せた。
「この鍵がどの銀行の支店の貸金庫の鍵か調べてほしい。夜には会長と赤坂のホテルで会う」
「そちらにも一人回わそう」







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR