空白 模索 2
FC2ブログ

模索 2

 『白薔薇』のママの捜索願を詳しく書いたあの記者の記事を読みながら、第1課長の車で赤坂のホテルに入ったのは10時を過ぎてからだ。
「お遅くなって悪いな」
 会長は今夜ここに泊まるようだ。ソファーにワイングラスが並んでいる。
「頭取と今まで話していた。彼は従兄弟の息子だ」
と言ってスーツ姿の細身の男性を紹介する。
「新銀行の合併の大筋は決まったよ。双方頭取は後進に道を譲る。両行で交渉中だが私は彼を頭取として推薦した。頭取は規模で決まるから今までの頭取の作戦があったからこそだ」
「よく引きましたね?」
「どうも総理が新しいポジションを用意したようだ。ただこれも実現するかどうかは分からない。実際に郵政民営化はまだ見えないところがたくさんある」
「新堂君は銀行には帰らないのか?」
 横でワインを手にしている常務が尋ねる。
「ええ、戻る気はありません」
「もったいないな。あのUSBを見たがよく出来ている。頭取は運動資金を稼ぎ出しながら、負債の調節もしていた。なかなか私にはできないよ」
「まあ、先ことは考えないことさ」
 会長は坊ちゃんの血筋でそこが鷹揚だ。頭取は戦国大名のように駆け抜けてきた。資金も稼ぎ出さなければならなかった。
「こうなって見て私は逆に頭取を心配している」
「どうしてですか?」
「凶器のようなものが目に宿っている」







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR