空白 生活 1
FC2ブログ

生活 1

 仕事はずいぶん慣れた。姉さんの一言で8割の日払いが1万円になった。朝夕の送迎トラックはなくなって、集金の後は会計の手伝いをする。不思議に計算を覚えているのだ。それに初めて触るパソコンも自然と指が動く。
「イサムはサラリーマンやったかも」
 姉さんが隣から覗き込む。親分はソファにもたれて帳簿を見ている。
「ちょっと来いや。二人ともや」
「今からこの店見てこい。2か月払いが止まってる」
 姉さんの後からついていく。
「萩に茶屋までちょっとあるよ。親分は昔から貸付もやってるの。この専門の担当もいるけど舐められてるからね」
 通りを何度も曲がって飲み屋に着く。ドアを開けると客が1人だけで、暇そうに女がカウンターにいる。姉さんはまったく気に掛けるふうもなく奥のドアを開けて入る。大きなテレビが部屋の真ん中に置いてあって、労務者たちがビールを片手に群がっている。その一番奥に髭ずらの男が木の枠の中に座っている。
「ボートのノミや」
「兄ちゃん舐めたらあかんで!毎月のもの入れな」
「親父に言ってくれや。博打屋が博打にはまってるんやしょうないで」
 姉さんは急に引出しをあけて、
「親父に言っとけ。質にこの腕時計預かるわ」
と金ぴかの腕時計をポケットにしまう。
「今日は親分と付き合いや。イサムも来るんや」






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR