空白 一区切り 3
FC2ブログ

一区切り 3

 ボンのところで預かってもらっていた鞄から5百万を出してきて3百万をカオルに2百万を探偵に送金する。さっそく事務所に、
「冷たいね」
とカオルから電話が入る。
 今日は久しぶりに若頭にスナックに呼ばれている。
「どうや、記憶は戻ったか?」
「記憶は相変わらずですが、事実は積み重なってきました」
 いつものようにママと3人だと思っていたら金融ブローカーのやっさんも同席している。
「まず仕事の話だ」
 ファイルを3束出してきてやっさんが説明する。どれもITMファイナンスのものだ。1時間ほど彼が説明して私が質問する。若頭は時々メモを取る。ママはゆっくり寿司を大皿に並べる。どうやらやっさんの持込案件のようだ。
「合わせて23億ですね?」
「すべて6カ月短期勝負や」
 若頭は長期案件はめったに手を出さない。最後のファイルを睨んでいると、
「それは金額が大きいか?」
 それは15億の兄貴の組長の囲み地だ。確かに若頭の最高実績は17億だ。
「金額もあるので即答はできません。それとこの案件の真ん中のビルは親父さんの息子に貸しています」
「それも分かっている。値段は指値してくれ。お互いにギブアンドテイクでいいさ。この先の売り先は彼の力ではどうにもならん」
 どうも紐付きのようだ。
「ところでなあ。横浜の経済やくざの失態が関西にも影を落としているわ。武闘派が元気を出してきた」
 笑いながら言っているが目は笑っていない。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR