空白 一区切り 5
FC2ブログ

一区切り 5

「少しボンの力になりたい」
 サエを抱きながら昨日の夜の店の様子を話す。どうも本店の板長が従業員をまとめているようだ。
「一度フミコからも話を聞いてくれ」
「分かった。ボンにはお世話になってるものね」
 事務所に出ると小頭に会いに行く。組事務所には入らず喫茶店に入る。
「地上げビルの件なら組に来てくれたらいいのになあ」
「その報告もある。あの周りはやはり若頭が買うことで貸し付けをすることになった。ビルの購入は指値することになったよ。数字が決まったら組長に報告する」
「何か話があるようやな?」
「ああ、ボンの店のことなんだが、親父が倒れてどうも本店の板長がボンを追い出そうとしている。どうも板長だけの動きではないように」
「あの店はなあ。この辺りでは小金持ちで知られているさ。とくに新世界ではいい場所に店を4軒も構えている。欲しがっている店も多い。それにあそこはうちの組の敵対している組と親しい。一度調べてみるわ」
 小頭は色々な店の面倒見がいい。貸付に際しては私も意見を貰っている。
「それとなあ。そちらの番頭が執行猶予でその組の世話になっている。これは姉さんから調べを頼まれている。どうも親分の病院に出入りして金をせびっているようや」
「知らないうちにいろいろあるんですね?」
「街の情報はいくらでも入る」






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR