空白 一区切り 6
FC2ブログ

一区切り 6

 今夜は記者から誘いを受けてやぶ医者の馴染の小料理屋に行く。
「今度の記事でキャップになりました。今日はそのお礼です」
「いえ、お互い様ですよ」
 私から記者にビールを注ぐ。
「あなたは頭取と何か取引をしたのですか?」
「もう記事取りですか?」
「今回の合併延長もあまりにもすんなりしています。それに『白薔薇』のママが姿を現せて動き回っています。どうもママとあなたは恋人同士だと今更気づきました」
「私には子供を産んだ女性がいますよ」
「あなたには二人のあなたが住んでいると思うのです」
「二人の?」
「つまりイサムであり修司でもあるのです。記憶は戻らなかったが、記憶に相当する情報と感情が戻ったと思うのです」
 記者はサエが男でカオルとも寝ていることは知らない。でも二人を愛する私を感じているのだ。
「これからITM事件はどうなるのでしょうか?」
 彼は頭取の後ろに総理がいることは知らない。どこまで最後を飾るかは二人にかかっている。あるところまでの準備はできたがこれからは手が出せない。
「『白薔薇』のママのシリーズは続くのですか?」
「次は銀行合併です。どうもITM事件は根元はここのような気がするのですよ」
「それは正しいと思います」
 どうも彼はこの答えを期待していたようだ。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR