空白 初恋 2
FC2ブログ

初恋 2

 サエに地図を書いてもらってボンの店に立つ。板長も替わって落ち着いたような雰囲気だ。詳しい話はサエに聞いている。
「まだ母とは時間がかかる」
「まあ、時間をかけたらいい」
 大瓶を抜いてもらって鱧皮を頼む。
 手を上げて金融屋のやっさんが入ってくる。
「厄介やな。若頭が死んで組の纏まりがなくなった。今回の地上げ地の買い上げは姉さんに承諾して貰ったが、誰が組を継ぐかでもめている。そちらの言うように早く土地を引き上げるのがベストや」
 この措置は親分にすでに説明している。記憶が戻るのではなく知識を埋め込んでいくという作業だ。
「犯人は特定された?」
「新聞記者によると警察は同じ組の武闘派をマークしているということや。これは彼の書いた週刊誌の記事や」
 手に持っていた週刊誌を拡げる。
「武闘派の5人グループが当日アリバイがなく、今も誰も見つかっていない。その中に横浜の組長の弟がいるというのが彼の推理だ。警察も同じ推理で動いているらしい」
「ITM事件の延長上だと書いてるな。『白薔薇』のママのシリーズは?」
「ああ、あれな、事件ものから自伝ものになって第2弾を書いるわ」
 カオルは16歳の時に家出少年として上野に出てきた。この週刊誌にはその頃の東田透の写真が載っている。どうもカオルが取材を受けたようだ。丸坊主からは今のカオルが想像できない。この頃の話は私も聞いたことがない。その頃は町工場で働いていたようだ。それから職業を転々として17歳で伊藤と会っている。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR