空白  糸口 2
FC2ブログ

糸口 2

 姉さんに頼んで兄貴の組の小頭を紹介してもらった。彼は女房に小料理屋をさせていて、姉さんから親分に話してもらって開店資金を借りていた。その集金は組事務所ではなく小料理屋に行く。それでその店に9時から会うとになっている。
 カウンターにすでに酒を飲んで座っている。女将は可愛い感じの年上で、小頭はやくざと言われないと分からない剽軽な顔をしている。
「これはちょっと貸付の関係なので内緒にしてもらいたいんです」
「貸付やってるのか?よろしく頼むわ」
「それで最近関東のやくざ来ましたね?」
「ああ、組長と会った」
「頼みごとをしたと聞いてます?」
「詳しいな。どうもな、やくざにその男をはねる依頼したようや。殺す気はなかったようや。怪我したところを身柄を押さえる気だったみたいや。それが戻ってきたときは姿がなくなっていたわけだ。そのやくざも詳しいわけを聞かされてなかったようで、戻って報告をしたら指を詰めろと言われたらしい」
 女房が酒を注いでくれる。
「これはちょろっと言いよったが、伊藤ちゅう奴が絡んでいるらしい」
 どこかで何度か聞いた名前だ。
「その伊藤は?」
「詳しないがな、貸金の世界では有名らしい」
 貸金、伊藤・・・。








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR