空白 起承転結13
FC2ブログ

起承転結13

 カオルが持ってきた地上げの資料全体をここ5日間丹念に見る。昔の買値が半分まで落ちている。だが交渉が行き当たりばったりで行われている。さっそく赤坂の現場責任者に地上げ順位の確認のメールを入れた。このままでは融資枠の200憶では収まらない。カオルはあれから大阪から東京に飛んだ。どうも会長とパイプは相当太い。
 3時過ぎにカオルの事務所を出て阿倍野の新店舗のリホーム状況を見に行く。
「サエ着てたのか?」
 サエがジーパンに作業着を着て職人に細かい指示をしている。
「5時から研修生も入ってみんなで展示をするの」
「手伝うよ」
「カオルさんからもうお祝いの花束が届いているの。まだ大阪に?」
「いや、もう東京に飛んだ。エッチをする暇もない」
「恥ずかしい」
 5時になると3人がユイを連れて集まってきた。どういうわけか姉さんが商品をトラックに積んで運んでくる。今回は壁に大型のテレビをつけて女装の録画を流すようにする。だが今はテレビを流している。衆院の結果を見るためだ。早くも野党連合の当確が続出している。会長の大逆転が起こるのか。
「入居祝いは私が持つからね」
 姉さんが寿司とビールを運び込んできてサエと腕を組んでいる。
 テレビの画面に野党の頼りない党首の顔が映し出されている。なんとその真後ろにカオルがいる。サエも見つけたようでビールの入ったグラスを軽く上げている。
「カオルさんはイサムの力を求めている。私は横にいるだけで幸せよ」












スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR