空白 衝突2
FC2ブログ

衝突2

 会長から10人ほど赤坂付近の聞き込みを行っているという連絡が入った。こちらも探偵から3人を出してもらっている。私と探偵は現場を離れてファイクサーの泊まっている赤坂のホテルに入った。やはりカオルを拉致するというのは今は彼の周辺しかない。彼から資金が流れ反主流派のボスに流れているというのはカオルが持っていた情報だ。
「こちらにも1人配置した。ファイクサーは3日前にこのホテルに入っている。2日前までの出入りは分からないが、先程マネージャーから送ってもらった男の出入りは今はない」
 探偵が携帯の写真を見せるが見たことがない顔だ。
「野党の党首の秘書は彼女が会長の要望を持って来ていて1時間半ほど打ち合わせをしてその店で別れたと言っている。彼女は店を出て携帯を取って誰かと話していたようだと」
「東京のちいママだ」
 話しているとサングラスの男が椅子に掛ける。私設秘書だ。黙ってホームページのコピーを置く。
「この防犯カメラの男はその警備会社の班長です」
「警備会社?」
「元警察官で固める会社でこの男は知能犯の警部だった男です。ここはファイクサーの顧問会社でもあります。ここは警察の上層部の天下り会社です。直接政府から高額な政界の警備を任されているようです。ここは反主流派のボスもよく使っているという話です」
「取りあえずそこならルートがある。張ってみる」
「あなたはこれから会長に会ってもらいます。このホテルに来ておられます」




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR