空白 衝突4
FC2ブログ

衝突4

 サエの店のオープンに顔を出す予定だったが、仕方なくお祝い電報を打った。私はカオルの東京店の部屋に陣取る。野党の党首の秘書にも張り込みをつけた。カオルのパソコンを一日中覗いている。昔からカオルはこのパソコンに暗号を入れて管理している。
 どこで調べたのか反主流派のボスにファイクサーから8億流れたという事実が書かれている。これは元頭取が副頭取に調べさせたようだ。履歴証明が付いている。送金会社は例の警備会社だ。
「赤坂の料亭のビルの裏口であの時間警備会社の車が停まっていたという情報が入った。あの警備会社だ。会長に警備会社の車庫や寮を調べさせてほしいんだ。こちらでは手が足りない。事務所からリストをそちらに流す」
 探偵が一つの糸口を見つけてきた。
 そのメールを確認して私設秘書に送る。8か所あるが15人を動員したと彼からメールが入った。私は時計を見て野党の党首の事務所に出かける。もう簡単には党首とは会えない。応接室に秘書が顔を出す。
「総理は決まりましたか?」
「いえまだです。派閥同士で会談が持たれていますが」
「どうも、反主流派のボスにお金が流れたようですが、当社の社長からは事実が確認できなかったと報告があり、それ以降行方不明になっています」
 鎌をかけた。
「と言うことは総理は?」
「判断できないことになりました」
 この鎌は反主流派のボスにすぐに流れるだろう。勝負があったのだからカオルは必要なくなる。私はそれだけ報告すると事務所を出た。後はマネージャーに付けてもらう。
 15分後、マネージャーが反主流派のボスの部屋に入ったと連絡が入る。それから20分後にタクシーに乗って警備会社に入った。
「そちらに野党党首のマネージャーが入った。監視してくれ」
 探偵に携帯をつなぐ。





スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR