空白 反撃4
FC2ブログ

反撃4

 久しぶりに精液が枯れたような気分だ。だがサエの顔を見ていると幸せだ。今日は大阪店に出て溜まっている仕事を朝から片づけている。赤坂の進捗具合を携帯で確認する。順調な段取りで進んでいる。フィクサーに知られることなく予定地を買い込める。
「修司?」
 カオルの声だ。
「もう退院した?」
「あんなところにいちゃ腐ってしまう。グローブをぶら下げて会長に会ったわ」
「テレビで見たが総理は持たないな?」
「想定内よ。彼は赤坂の国有地の払い下げを通してくれたからもう用済み」
 頭の中で赤坂の地図を描いてみる。あの土地の真ん中にどんと国有地があった。これはR事件の時に当時の総理が引き渡しを約束していたものだ。これはファイクサーも狙っているはずだ。
「第1秘書に党首の引き渡し交渉をしているわ。それでまた資金を用意してほしいのよ」
「そんなにして採算は合うのか?」
「国有地だけで儲けが100憶には化けるわ」
「親父になってきたな」
「修司の声聞いてるだけでちんちんが立ってきたよ。今度は党首候補に5億よ」
「後は連合艦隊だな」
「おそらく会長の言うのにはコロコロ総理が変わるって」
「それといよいよ幹事長の8億の暴露よ。例の記者に頑張ってもらわないとね。わあ。立ったちゃって縫ったところから血が出てきてる」









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR