空白 反撃6
FC2ブログ

反撃6

 週刊誌が出た。反響は大きい。カオルには会長から2人ボディガードをつけさせた。当面動いているのは『白薔薇』のママと見られているだろう。副頭取に連絡を入れて国有地購入費の別枠の120億の融資を受けた。幹事長の意を受けた野党が答弁を求めてきたが、幹事長の裏金の声がそれを上回っている。
「300万の振り込みが入った?」
「週刊誌を見た。次は?」
 探偵の声だ。
「赤坂のホテルにいるファイクサーを見張ってくれ」
「写真を撮るんだな?」
「それと例の赤坂の土地の地図で黒く塗った部分の謄本を上げて所有者の確認をしてほしいんだ」
 待っていたようにカオルから携帯が入る。
「5億は送金してくれた?」
「ああ今朝送った。今度は誰に渡した?」
「5番目の派閥の長が連合艦隊をまとめたわ。これで総理の支持もついて幹事長の数を上回った。今度いつ東京に来る?」
「しばらくサエでたくさんだ」
「もう使えるのに!」
「しっかり仕事をするんだ。次の原稿を送った。秘書のテープの引き起こしだ。ここで伏字で幹事長と警備会社の会長を出す。それとファイクサーの影も見せる。最後に党首選で負けるようなことはないな?」
「もちろんよ。赤坂の決裁は来るのよ絶対に!」












スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR