空白 反撃9
FC2ブログ

反撃9

 サエとユイに見送られて東京に向かった。新幹線の中で記者の記事の出ている新聞と週刊誌を読みこむ。8億の出どころに明確に警備会社の名前が挙げられた。さすが記者がよく調べている。警備会社の設立はR事件の最中で、経営塾のリーダー的存在だった会長が当時の総理の肝いりで警察の警備の唯一の下請けとして天下りを受けた。その警備会社から8億が出ているのだ。
 東京駅には2人のボディガードに囲まれたカオルがワゴンで迎えに来た。
「すでに払い込みは済ませている。どうも頭取が不正融資だと言ってるようなの」
「実権は副頭取だからな。とは言っても早く済ませるに越したことがないな」
「警備会社が人数を出して元秘書を探してる」
 いつの間にか車が検問所を抜けてビルの地下に入っている。そこからガードされてエレベータに乗り込み窓のない廊下を抜けてボディガードを置いて部屋に入る。そこにはスーツの男性が5人並んでいる。真ん中の一人が次官のようだ。振り込みを確認したから始まり15分ほど説明がある。取引はあっけないものだ。
 帰りには乗っていきたワゴンが待っていたように出ていく。その後に黒のベンツが止まっている。
「張り付いていた車がワゴンに付いて走り出しました」
 運転手はマネージャーに変わっている。
「そろそろ戦争モードだな」
「もう5寸釘はいらないわ。これから私の部屋で乾杯よ」
「会長のところに寄らないのか?」
「会長はまだ赤坂のホテルよ。珍しく元総理と元頭取が集まっている。私と修司は朝まで寝ないで会議よ」
 カオルの手がズボンの中に入って握っている。バックミラーのマネージャがにやりとしている。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR