空白 過去に触れる 1
FC2ブログ

過去に触れる 1

 朝珍しくサエが起きていて一緒にモーニングを食べた。妙にはにかんでいるサエが可愛い。
 今日は姉さんと集金の後は早い目に事務所に戻る。事務所の前に兄貴の組長のベンツが留まっている。私が戻ると小頭が運転で横に組長が乗って親分と私が後ろに座る。
「今日からお前は貸付部長や。月給制や。前借がいるんなら言えよ」
と名刺を親分が渡す。
 地上げの現場に止まって半時間ほど見てから、5分で約束のステーキハウスに着く。
 組長がママを見て立ち上がって頭を下げる。
「久しぶりですなあ」
 銀行員に見える男がにこにこ笑いながら席に座る。横の男はどう見てもやくざだ。名刺を交わす。こちらが金融会社の社長のようだ。
「土地建物は契約できるんか?」
「いつでも」
「入居者が6名と聞いているのやが?」
「4名はいつでも即決和解巻けますよ。親分に嘘言っても仕方ないですわ。土地建物で8億、追い出しで3億」
「幾らいる?」
「10億で」
「買い手はITMか?」
「いえ、あそこは商売敵や。向こうの購入先と話しつけてます」
「ここが買えんやったら間口が取れんからな。時価で20億は吹っかけるわな」
 どうもこれだけで手打ちになったようだ。
 先ほどの優男の頭が私の名刺を見ながら、
「一度ゆっくり飲みたいな」
と妙な言葉を漏らす。
 












スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR