空白 過去に触れる 2
FC2ブログ

過去に触れる 2

「番頭と部長やったらどちらが上や?と番頭がすねてたよ。何しろ30年も親分の会計をしてきたからね」
と姉さんが面白そうに言う。
「さあ出るぞ」
 親分の声がかかって一緒にタクシーに乗る。
 地上げ現場の手前で止まって、信用組合の本店の建物に入る。営業部長が直に出てきて、3階のの理事長室に案内する。
「久しぶりですね?」
 年配の理事長が握手する。
「あの物件で10億貸してや」
 朝番頭に見せてもらったが千日前に7階建てのビルを持っている。根抵当が20億ついていた。
「これは融資申込書と返済計画や」
「よく出来てますね?番頭さんの作とは思えませんがね?」
「この部長が書いたわ」
「融資書類を書きなれてるようですな?」
と言って名刺を交換する。
「取りあえずぶっちゃけた話聞かせてくださいね」
「あそこの地上げ中の一角の土地建物を買うのや。1年と長めに見てるが、半年で片が付くと思う」
「気つけてくださいよ。ITMファイナンスが絡んでますからね」
「買い手は上場企業やから」
「親分とは長い付き合いですから。いつまでに入れておきましょう?」
「月末の1日前で頼むわ」
 親分が飲み屋の寄ると言うので、通天閣で降ろしてもらう。私はボンの女将の店に寄る。
「さっき大変やったんで。パトカーまだいてるやろ。ホステスが刺されたんや」
 女将が暖簾の向こうを覗いて言う。









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR