空白 過去に触れる 3
FC2ブログ

過去に触れる 3

『5時に早引けして救急病院の待合室に来て』
とサエの置手紙があり本人は爆睡している。
 それで親分に早引きを頼んで、まだ陽の登っている町の中を抜けて阿倍野まで出る。
 待合室に入るとボンがリヤカーを傍に置いて立っている。
「どうしたんや?」
「昨日カラオケバーに男が飛び込んできてホステスを刺したんや」
 それきり詳しい情報はないらしい。しばらくしてサエが顔を出して病室に入る。流し目の女アヤだ。二人掛けでアヤを毛布に包んでリヤカーに積みこんで裏口から出る。
「横浜のやくざの男らしい」
「逃げてきたと言ってたな?」
「どうも関東やくざが教えたみたいやの。脇腹を7針縫ったけどどうしても姿を隠したいと頼まれた。犯人はまだ捕まってないのよ」
 やぶ医者の所に担ぎ上げる。
 どうも昼のうちにアヤの部屋から衣類関係を運んできているようだ。やぶ医者も例のごとくベットでアヤを半裸にして傷を見ている。思ったより豊かな乳房が丸見えだ。
「迷惑かけるわ」
「いいよ。イサムの蒔いた災いかもしれないから」
 どうもサエも詳しい話をボンから聞いているようだ。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR