空白 過去に触れる 6
FC2ブログ

過去に触れる 6

 集金から戻ると、事務所の前にホワイトのベンツが留まっている。事務所を覗くと小柄だが幅の広い男が親分と話している。
「イサムに歌を付き合ってくれというてはる。これから出かけてくれ」
 車に乗せられると男が運転をする。
「もう15年も前に親分ところでお世話になっていたことがあるんや」
 話すと愛嬌がある。
「どこに行くんですか?」
「うちの親分の隠れ家のスナックや」
 右側に地上げ現場が見えたと思うと、細いネオン街に入っていく。その中のレジャービルの前に留めると、入口に黒づくめの男が立っていて中に案内する。ドアを押すと、あの優男が手を上げてカウンター席から呼ぶ。カウンターの中に和服のママが待っていたように寿司の皿を並べる。
「前は世話になった。取引は無事に終わった」
「いえ、あれはうちの親分の裁量です」
「その礼は金利出させてもろた。若いからビールがええやろ」
「はいどうぞ」
とママがビールの小瓶を抜いてグラスに注いでくてる。
「どうや。うちの金融会社で社長やってみいへんか?」
「いえ、親分に拾われましたので」
「そうかそうか」
 客は誰も入ってこない。
「このスナックの話ステーキハウスのママにしたらあかんで。殴り込んで来よるからのう」










スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR