空白 成りゆき 4
FC2ブログ

成りゆき 4

 初月給をもらった。40万も袋に入っていた。番頭が嫌味を言う。その夜にそれをサエにそのまま渡した。

「私は女房でもないし、金貸しでもないよ」
と機嫌が悪い。それで借りていた医者の費用と家賃で20万を渡した。20万でも充分に食べていける。
 番頭の件はまだしばらく誰にも伏せている。生きている借入先も大半が日払いアパートだ。とくにあの管理人の棟で8人もいる。そのうちの一人は管理人の紹介で会ってみたが、借入額の1割の礼金を貰ってサインしている。今までの話は念のため録音に残している。
 だがこの話をするのにはためらいがあった。元々番頭は気に弱い律儀な男だったようである。それが10年前スナックの今のバツ2のママと一緒になってから、スナックの支払いとママの金遣いに振り回されているようだった。覗いてみたが40過ぎの割には色っぽ過ぎる。子供は2人いるが前の男の子供だ。
 いつものように集金を終えて路地の店から出てきた時、左右からチンピラが3人急に飛び掛かってきて、持っていたパイプで思い切り殴りつけられる。誰かのどすの利いた声が聞えたが、そのまま壁に倒れかける。
「また3針縫ったな」
 やぶ医者の顔が見えてその横に心配そうなサエと姉さんの顔があった。
「鞄やられた?」
「取られている」
「集金の50万が入っていた。給料から引いてくれ」
「いいのよ。でも小頭が見つけてくれてここに運んでくれたの。犯人を見つけてやると言ってたよ」
「あれは待ち伏せしていたように思う」
 






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR