空白 成りゆき 5
FC2ブログ

成りゆき 5

 朝10時過ぎに姉さんがトラックの送迎の後訪ねてきた。
「番頭がしきりに親分に首だと喚いていたわ。見損なったよ」
「金を奪われたから仕方がない」
「親分はそんなに冷たくない。気にすることはないと伝えるのにやってきたの」
 それだけ伝えるとこれから私の分も含めて集金に回るようだ。入れ替わるようにサエが入ってくる。
「そのチンピラ関東やくざの回し者じゃない?」
「いや、やくざの目をしてなかった。それにそれなら身柄を確保していくはずだ」
 サエは着替えの袋を棚に置いて、みかんを剥いて口に入れてくれる。それとまだ読み切れていないボンの週刊誌を積み上げる。
「今日はアヤがいなくなったので交代の早番なの」
と言って外に出てく。
「持てるのね」
 布団の中からくぐもった声がする。SMの黒髪の女だ。
「今日はだめなの。糞を食ったらピーピーよ。男優病気持ちだったのかしら。さすがに性欲湧かない」
 ベットの下に便器が置いてある。妙な出会いだ。
 夕方、小頭の顔が覗く。
「チンピラ締めたったで。向こうの頭から100万持ってこさせた。今さっき親分に事情を説明して50万返したわ。この10万はお見舞いや。後は組の稼ぎにさせてな」
「10万もいらない」
「気にするな。でも締め上げて指図した奴が分かったぜ。お前とこの番頭相当の悪やな」
「親分にもテープ渡した。弁償の必要もない。集金のルートも教えていたから堪らんな」
 番頭とはじっくり話をしてみようと思っていた矢先だ。









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR