空白 始まり 4
FC2ブログ

始まり 4

 少女はお構いなしに複雑な路地を抜けていく。添え木を当てられた左手を肩からぶら下げてよたよた追いかける。
「まずは昼飯」
と言って暖簾を潜る。
 50歳過ぎの女将が無言でビールを抜いてコップを2つカウンターに置く。少女は無造作におかずをガラス棚から持って来て並べる。
「どうや?頭に沁みるか?」
「いや、美味しい」
 暖簾から例の坊主頭が覗いてビール箱と日本酒を交互にカウンターに運び込む。
「ボン、退院したよ」
 無言でボンもカウンターに掛けて食事をする。
「ここはボンの親父の女の店よ。本妻は酒屋の番をしていて、女が3人飲み屋をしてる。ボンはここの女将さんが一番好きだ」
「ペラペラ喋るなよ」
「喋ったる。これでもボンは頭がいいんや。親父の手前あほの様な振りしとるがな。高校3年の夜間生や」
「なら君は?」
「こんなところで歳聞くな。20歳以上だろうが?」
「到底見えないな?」
「またゆっくり話をするわ」
 ビールの飲みっぷりは充分20歳以上だ。
「みんなサエと呼んでいる」
 サエかあ。








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR