空白 過去のこと 1
FC2ブログ

過去のこと 1

 親分が番頭と会って話をつけたらしい。会計と貸し付けから外して、空港建設の現場の飯場の管理に泊まり込みで入ったようだ。給料から使い込みに対して返済することになったらしい。新しい返済のページを作ったが70歳になっても終わりそうにない。
 集金は今回から姉さんと回ることになった。
「親分も甘いわ」
 昼ご飯に入った喫茶店で口を尖らせて言う。
「親分も辛いんだよ」
「それよりイサム何かしたの?カラオケバーでイサムの写真見せられたよ。髭のないやつ」
「ああ、聞いた。関東のやくざらしいね。サエが言うのには車ではねたやつらしい。だが記憶に全くない」
「しばらく私がついて回る。私の方が力強いからね」
「危険だよ」
「サエちゃん私の話していない?」
「いや」
「なんか悲しいわ。私男には全く興味ないの。こんな話イサムだからできるのよ。あんたは中性のような変な感じよ。中学の頃好きな子ができて一時は駆け落ちしたのよ」
「それも女の子?」
「サエちゃんによく似ている。3年間家出して同棲した。二人で結婚を誓っていた。今の親分は父ではないの。母が
後添えに入ったの。父のことは覚えてもいない。親分が頼まれてスナックに勤めていた私を見つけ出した。大柄だったので20歳には見えたようよ」
「親分彼女を認めてくれた。それで二人のアパートを借りてくれた。でも彼女が男と姿を消した。それで親分の仕事を手伝うことに」
「お母さんは?」
「2年前に病気で亡くなった」






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR