空白 過去のこと 4
FC2ブログ

過去のこと 4

 朝出勤しても心がどこか落ち着かない。ホテルで何度もキッスをして先に出た。
「顔が火照ってるよ」
と姉さんに冷やかされる。
 今日は貸付の調査があり、8時に萩之茶屋の番頭のスナックの近くの小料理屋に寄る。2度目の改装の貸付だ。500万の申し込みと前期の確定申告と見積もりが出ている。混み具合を見ようとこの時間にした。
 暖簾を潜ると10人ほどのカウンターは一杯だ。女将が一人でやっているようだ。しばらく立っていると、常連客が席を空けてくれる。空いた席に座ろうとして目を疑った。
「先生やないですか?」
「なんやヤバイ奴にあったな」
「先生は湯上りの立ち飲みだけか思ってましたよ」
「ゆっくり飲みたい時もある」
「先生の患者さんですか?」
 女将は思ったより若く50歳前のようだ。
「私が一番最初の患者でしたのよ。もう10年前でしたよね。前の主人にお岩のように殴られて勤めていた店から運ばれたの」
「肋骨も折れていた」
「それからいろいろと面倒見てもろて10年前にこの店の貸付の保証人にもなってもらいました」
 前回の貸付は800万で保証人付きだが、今回は保証人はなしになっている。
「根掘り葉掘り聞くな」
 恋人を見る目をしている。







 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR