空白 過去のこと 6
FC2ブログ

過去のこと 6

 今日はボンから誘われていて親父の彼女の女将の店で飲むことになっている。ボンは立飲み屋の定休日のようだ。私は残業して小口貸付の整理をやっと終えた。
「いや珍しいな」
 店に入っていくとボンが女性と並んで座っている。
「夜間の同級生だ」
 どう見ても高校生には見えない。25歳くらいか。
「話してもいいか?親友だから」
 女性の耳元で囁いている、こっくり頷く。どう見ても姉と弟に見える。
「この子の再婚相手の親父が毎日セックスを求めて来るので、相談を受けていたが遂に家出をしたんだ」
「お母さんは?」
「どうも認めているようだ」
「親父は何歳?」
「39歳。母は48歳」
 小声で答える。
「しばらくこの店で寝泊まりして働くように頼んだ。でもうちの親父は認めない」
「ボンは最後まで彼女を守っていける?」
「ああ」
「君はボンでいいのか?」
「好きです」
「二人ともこの言葉を忘れるなよ」
 どうもサエと自分に向かって言っているような言葉に聞こえる。
「どんなことがあってもだぞ」
 









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR