空白 始まり 5
FC2ブログ

始まり 5

「ここがうちの部屋や」
 ずいぶん通りを奥に入ってゆく。
「泊めてくれるのか?」
「ああ、これも行きがかりや。蒲団は旅館からもろて来た。辛抱しいや」
 卓袱台を挟んで蒲団が二つ並んでいる。
「言うとくけど、夜中に乗っかってくるようなまねしたら追い出すからね。それとトイレと風呂に入る時は絶対ノックすること」
 姉に言われたような妙な気持ちだ。どう見てもボンより若く見える。
「金はないよ」
「分かってる。ちゃんと控えてる。そのうちに仕事は私が見つけてきてやる。当分はこの瓶に入っている金を使っていいよ」
と言いながら鏡を見ながら化粧を始める。
 私はどんどん綺麗になって行く少女に見とれる。これなら20歳には見える。
「どこに勤めている?」
「カラオケバー。客と寝る奴もいるけど、うちを同じ目でみやんで。そうそう夕方の6時から11時までそこにいる。休みは交代で1週間に一度。ちょっとおっちゃんしばらく後ろ向いてえな」
 どうもここで着替えているようだ。
「おっちゃんと言うのもパッとしないな。こちらもお婆ん臭くなるわ。イサムと言うのはどうや?」
「名前も覚えてないからそれでいいけど。イサムって思いつき?」
「違うわ。でももっと親しくなったら話す」
 そう言って私の体を正面に戻す。
「別人だなあ」
 格子模様のオレンジのスカートに白い秋物のセーター。思ったより胸が出ている。ハンドバックから部屋の鍵を卓袱台に置く。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR