空白 新しい一歩 4
FC2ブログ

新しい一歩 4

 今日は事務所の前でサエと待ち合わせをしている。サエは朝から新しい店のリフォームの打ち合わせを済ませてると言う。昨日10日早く契約を終えた。
「えらい別嬪がいてるで」
と親分が笑いながら、
「帰れ!」
と言う。
 珍しくサエがジーパンに無地のセーターを着ている。
「高校生みたいやな」
「化粧せんから」
 今夜はボンと彼女と4人で飲むことになっている、ボンが飛田新地で得意先の小料理屋を予約してくれている。店に着くともう2人は来ている。
「フミコ言います」
 サエのねいさんの様な感じだ。でも何となく気が合いそうだ。新たらしい店の話をサエが散々してビールを飲んだ。何やら女同士でくすくす話している。いつの間のか9時になっている。清算をして後から店を出る。
「何彼女と話してた?」
「ボンとやったかって聞いたの?」
「大胆な奴やな」
「ボン奥手やから。まだ言うとった。うちらはもうやったで言うた」
 何だか嬉しい気持ちになって聞いた。
「パソコン使ったことがある?」
「いや分からへん」
「押し入れに中古あるんや。これで仲間とやり取りしている。明日触ってみる?」





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR