空白 背中が見える 2
FC2ブログ

背中が見える 2

「やっぱりこの区画図面は何度も見たことがある」
 今日は一日中事務所の中に籠って姉さんと話し込んでいる。親分が持病の痛風が起きて昨夜入院した。朝病院から戻ってきた姉さんが親分からの伝言を伝えた。そろそろ姉さんが全般を見るようにと言うことだ。その補佐役を私に任せると言うことだった。
「人夫出しとビルと店舗管理と貸付で3等分ですね」
「人夫出しは私がやれるけどビルと店舗管理と貸付は苦手やよ。イサムが何とかしてよ」
「ええ、ビルと店舗管理は課長のカメさんがいいのではないかと思います。前の番頭が苛めていたのですがちょっとどんくさいですがきちっとしてます。全体は私が見ます。それよりあの番頭が気になりますよ」
「私も思てる。その横の地図なんやの?」
「これは京都の駅裏の地上げですよ。若頭に調べてくれと言われて見てるんですが記憶に残っているんです」
「それやったら知ってる。3年前やったかな」
と言ってごそごそ未決案件のファイルを探している。
「これや。兄貴がこの土地を買うてと持ってきたんや。3億でその細長い隣の部分の黄色の土地や」
 一斉にこの辺りの土地が買い占められ始めた時期だ。
「親分が現地に言ってやばいところやとダメだししたけど」
 週刊誌の切抜きが張ってある。
「その土地を含めて地元のタクシー会社が買い取ったと・・・。ここはS銀行がタクシーの駐車場で融資した・・・」
 口に出して読んでいてその時車からよたよたと歩いてくる野良犬を覚えている。
 それでやっさんの事務所に電話を入れて若頭に伝えてもらうように言伝を頼んだ。
「隣のタクシー会社に売るのがいいと」


 



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR