空白  背中が見える 3
FC2ブログ

背中が見える 3

「着きましたで」
 白いベンツの後ろでやっさんと2人して眠りをしていた。若頭の運転手が声をかける。いつの間にかタクシー会社の本社の門をくぐっている。やっさんは少し上品な背広を着ている。私はいっちょらのスーツにワイシャツの襟を出してチンピラだ。やっさんは社長室に入ると若頭に貰ってきた少し名の通った不動産会社の部長の名刺を出す。若頭の名前で面会を取っている。
「隣の土地はそちらの組でしたんか?売ってくれと言いはってもあきまへんで」
 後ろに屈強な京都の組らしき男が立っている。
「そうやないんです。売りたいと思ってます」
 私が鞄から区画図を出す。
「いや許て言う人が何度も売ってくれと来られるもんで。そちらに持って行きはったら?」
「それは不味いらしいんですわ」
「まあそうですな。でもなんで売はるんでしゃろ?」
 やっさんが詰まってこちらを見る。
「道路に面してない土地ですから」
「その通りでんな。でも金のなる土地やという評判ですよ」
「いえ線引きの話はいつになるのか分かりません」
「そうですな。あんたどこかで会った顔してはるな?」
 私もそんな気がしていた。
「一度検討してみまっさ。指値でよろしおすな」









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR