空白 背中が見える 7
FC2ブログ

背中が見える 7

「なんか変な気がするわ」
 久しぶりに姉さんと集金に出かける。
「髭がないと様になりませんかね」
「なんかちょっと惚れそうな気がするんや。番頭のママの店ちょっと覗いて見たんやけど、ヤバイ感じがするのや。まだ貸し付けが650万残ってるので心配や」
「そやなあ。一度調べてみるか」
 二人で定食屋のカウンター越しに話しかける。
 棚の上の映りの悪いテレビを時々見上げる。
「銀行員の自殺みたいやね?」
「S銀行や」
 箸を止めてボールペンを取ってメモを取る。S銀行本店総務課長・・・。丸の内の本社ビルが映る。ここも記憶がある。店の電話を借りてやっさんに電話を入れる。
「S銀行の本店の課長の自殺テレビで見たんやが、あの記者に詳しく調べてほしいと伝えてや」
「何か関連があるのか?」
「分からんが、引っかかるものがある」
「そうそう、ついでだがあのタクシー会社から指値が出たぜ。今日若頭が本部に持って行った。ただ下手をすると関東と関西のやくざ戦争になると心配してた。伊藤に会ったらしいな?」
「ああ、ずいぶん焦っているように見えた」
 私を追いかけているのは伊藤に違いないその思いを強くした。








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR