空白  流れる 2
FC2ブログ

流れる 2

 女将に夜そちらによると伝言をしておいた。
 書類整理をして一人事務所を後にする。ボンにどう切り出すか決まらない。どうやらサエはフミコと夜ラブホテルに泊まったようだ。風呂に入って腕を切ったようだ。
「久ぶりだね」
 先にボンが座っていてビールを飲んでいる。
「フミコとはどうする気だ?」
「親父にはいくら言ってもだめだと思うんだ。でも結婚する」
「サエがなあ、昨日病院についていったんだ」
「サエに子供ができた?」
「いや、フミコにだ」
「そんなに早く?」
「ボンのじゃない。父親のだ」
 言った私が一瞬凍りついた。冷蔵棚のガラスに映っているボンの顔を見ている。表情が読めない。フミコは父親に何度も襲われて逃げてきた。充分可能性はあったのだ。だがまさかそう現実に出くわすとは思ってもいなかった。
「育てる」
「いいのか?」
 大きく頷くボンの顔を正面から見た。
「今のことを彼女の前でも言うんだ」
 そう言って手を引っ張るように通りを走る。だが途中でボンが追い越してやぶ医者の階段を上がる。そこには肩を抱いているサエと俯いているフミコがいた。ボンは動物の様な雄たけびをあげてフミコの唇に吸い付く。サエがそっと腕を引っ張って階段を降りる。
「今日はホテルに泊まる?」
「いいのか?」
「我慢できないよ」


















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR