空白 始まり 7
FC2ブログ

始まり 7

 今日は朝からサエは出かけている。どこに行くとも言っていない。彼女から貰ったこの町の地図を持って朝から歩き回る。サエのマンションの裏側には飛田の色町がある。声をかけられながら隅々まで歩くとカラーマジックを塗りつぶす。そこから通りに出て商店街の中を歩く。この先にやぶ医者の病院がある。そこに印を入れる。
「今日は一人?」
 背中から声がかかる。リヤカーを押しているボンだ。
「昼一緒にしてくれる?」
「ならついてきて」
 あの女将の店にビール箱を運び込んでカウンターに掛ける。
 女将が黙って私だけにビールを抜いてくれる。
「サエについて聞きたい」
「そんなに知ってることはないよ。話したがらない」
「10歳の時にボンが拾ったんだな?」
「そうや。あのやぶ医者の所に運んだ。凄く病院に行くのを嫌がった。どうも風邪だけではなかったようだった。しばらく歩けないであそこで寝ていた」
「やぶ医者から何か聞いた?」
「いや口が堅い」
「サエは幾つだ?」
「それも言わない。ただ年下だと思う」
「では私は?」
「30歳少し上かな?」
 女将がカウンターから魚の煮つけを渡しながら言う。
「でも彼女よく同じ部屋に泊めたね」
「イサムという名をくれた」
「恋人という歳じゃないから、きっと父親の名前かもね。これは女の感!」






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR