空白 登場 6
FC2ブログ

登場 6

「どうぞ」
 新年が始まってサエはまた残業が始まる。仕方なく今夜はぶらぶら歩いてやぶ医者の行きつけの小料理屋のカウンターに座る。結構私も常連のように扱われている。熱燗を置いてぼんやりと肘をついている。その声に驚いて隣を見る。
「いつの間に?」
「あれから大阪暮らしです。ママも新店オープンで今は大阪に戻ってきています」
 注いでもらった酒を開けて注ぎ返す。
「頭取にも会って来たようです。ただもう少し時間をかけたいと」
「それは頭取の意向?」
「いえ、ママの気持ちだと思います」
「どういう関係だったのですか?」
「始めは私と同じ連絡係だったようです。頭取は今まで組んできた伊藤と距離を置こうとしました、それで第2総務課をこしらえたと聞いています」
「初代が私ですか?」
「はい。相当な抜擢だったようです。これは頭取からいずれ話があると思います」
「男が男を愛せるものなんですか?」
「ママのクラスになると女より女ですよ。それに・・・これはママが何れ体で」
「いつママに会えるのですか?」
「しばらく私から情報を得てください。しばらく頭取と伊藤は睨み合いが続きます。それは求めるものが双方に手にないことが分かったからです」
「2代目の課長は殺されたのですか?」
「それは分かりません。でもあなたが襲われたと同じ原因だろうと思います。それとママは同棲の彼女に相当嫉妬しています」
「会ったのですか?」
「ええ、店にも行ったようですよ」






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR