空白  登場 7
FC2ブログ

登場 7

 さっそくサエに聞いてみた。どうも『白薔薇』の名前で衣装を依頼してきたという。『白薔薇』のママが直接持ってきたようだ。
 今日は難波の中華料理の個室に呼ばれた。どうもここは『白薔薇』の店のほん近くなので、どこかでママが見ているような気がする。
「実は隠し撮りのビデオにとんでもないものが写っていたのです。それに初めて気づいたのは伊藤でしたが、それまでに『白薔薇』のママが伊藤のブランディに薬を盛ったのです」
「敵対したわけ?」
「ええ、でも頭取はあなたと別れることも条件に入れていたのです。もちろんあなたは左遷の予定でした」
「裏切った訳だから仕方がないのでしょう」
「それでママはあなたを誘き出してママの部屋に軟禁したのです。でもママはそこで慌てたのです。まさか頭取があの第2課長にガス栓をひねらせたのです。ママは別れるという条件で受けたのにと慌てたのです」
「でも私は殺されると慌てた」
「そうです。あなたは隠しカメラを鞄に入れてもう一つメモ書きの入った通帳も持ち出したのです。これは元々あなたが管理していた裏金の通帳です」
「隠しカメラには?」
「ママが寝た総理が写っていました」
 マネージャがそれだけ言うとカーテンの中に消える。
「私は持ちものでした」
 ゆっくりママが現れてマネージャの席に掛けて新しいグラスにビールを注ぎます。
「私は今は頭取を愛しています。彼もあなたを逃がしたことは許してくれています。でも私の中ではまだ解決していません。だからここに来ました」


















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR