空白 向き合う 3
FC2ブログ

向き合う 3

「乗ってください」
 あの初老の男が車から顔を出した。やはりなぜか迎えに来るだろうと思った。姉さんに手を上げて車に乗り組む。カオルはサエを何かの意図があって呼び出したと思う。無言の時間が過ぎて元ラブホテルの建物の中に車がゆっくりと入る。ボーイが立っていてエレベータの最上階のボタンを押す。
「来てくれたのね」
 エレベーターのドアが開くと向こう側の部屋の扉も開いて純白のドレスを着た『白薔薇』のママが椅子に掛けている。
「サエが来ているはずだ」
「ええ、昨日は泊まってもらったわ。今は疲れて休んでいる。起きるまで少し昔のように飲まない?」
「サエを人質に?」
「そう言えばそうなるかも。でも彼女と引き換えなんて卑怯なことは考えてない。修司はビールだったね?」
 冷蔵庫から小瓶を2本取り出して抜く。それをそのままごくごく飲む。
「これが修司の飲み方。覚えている?おととい頭取がここに泊まった。それで話をつけたの」
「修司は記憶を失っていない。もし今後サエに手を出したら公表すると修司に脅されたと言った。頭取は私が監視することで話は成立した。でも修司は私と約束しないとこの契約は成立しない。それにそれを破ったらサエを殺す。もちろん修司がサエと別れるというならまた別の契約がいるわ」
「サエとは別れない。君の契約とは?」
「昔通りに時々サエも入れて一晩暮らすのよ」
「それは私一人では決められない」
「彼女のOKは取ってるのよ」
「抱いたのか?」
「もちろん。立派なあれがついてたわ」






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR