空白 鏡の向こう 3
FC2ブログ

鏡の向こう 3

 カオルの部屋に入って化粧を落として風呂に入る。それからサエが用意してくれた下着に変えてパジャマ姿になる。机にはパソコンとUSBが置いてある。指先がUSBを掴んで差し込む。これは体が覚えているようだ。
 これはITMファイナンスが融資している大口先の全リストである。○●△というマークがついている。ちなみに京都駅裏は●になっている。とくに●の横に*印が入っているのが多い。この印は私がつけたそんな気がする。これは伊藤がバックをとっている案件ではないだろうか。
「少し思い出してきた?」
 いつの間にかステージ衣装に着替えたカオルと夕食を運んできたマネージャーが入ってくる。
「このUSBは?」
「あの部屋のパソコンに入っていたものよ。相当な量があるからゆっくり見た方がいい。それよりこっちを見ておいて」
 無造作にビデオをつける。マネージャーはテーブルに豪華な食事を並べてビールを抜く。
「今日は12時の最終のショーに出るから寝ておいて」
 そう言うなり部屋を出ていく。ビールを注ぎながらテレビの画面に釘付けになる。
 全裸に両足と両手を縛られた大股開きにされたカオルだ。白髪の大柄な初老の男が上半身裸で鞭を持って立っている。
「お前らは3人で組んでいたのか?」
 この男の声には覚えがある。鞭が何度も振り下ろされる。カオルの白い肌に赤い血筋が何本も浮かぶ。
「私は知らない。でも伊藤は修司を誘っていたのは事実よ」
「お前の浮気を認めていたのが間違いだった。お前があそこまでのめり込むとはな」
 鞭がカオルのそそり立ったものに目がけて振り下ろされる。男もかなり疲れてきたのか肩で息をしている。カオルのものは無残にも弾けて鮮血が流れている。悲鳴をあげない。
「分かった。修司を呼んで来い」





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR