空白 鏡の向こう 5
FC2ブログ

鏡の向こう 5

 その日私は一人車で帰された。何のための演技だったのか理解が出来ない。部屋に戻ると時間が知らされていたのかテーブルに早い夕食の準備が出来ていた。ビールの小瓶を抜いて夕食を摘まみながらパソコンを開く。ふと指を止める。これは私の覚書のような日誌らしい。第2課長になってから記録が始まっている。すべてイニシャルで記入されている。カオルはKだ。伊藤はIだ。それから頻繁に出てくるのはTの頭取だ。
 最初はTからIを紹介されている。頭取になるまでは伊藤が一番の部下のようだった。伊藤から半年ほど細かい引継ぎをされている。結構頻繁に伊藤に連れられてあちこちの店に飲みに出かけている。
「面白い女を紹介してやる」
と言われて初めてKの店に来ている。私は想像で頭取の連絡係でカオルに会ったと思っていたが、実は頭取にKを紹介されたことはなかった。
「俺の元カノ今は頭取の彼女だよ。ただ俺より立派なものを持っているさ」
 余程印象に残っていたのかその時の言葉を書いたようだ。忠実に記録するタイプだったのか。それから私は頭取に隠れてこの店で飲んでいたようだ。Kに睡眠薬を入れられたとある。どうもカオルからちょっとした遊び感覚で仕掛けられたようだ。それが互いに舞い上がってしまった。
 それからNがTから紹介されている。Nとは誰だろう。
 いつの間にか瓶が5本も空いてしまっている。ベットルームに移ってすぐ睡魔に襲われた。真っ暗な部屋の中にドアの開く音がした。食事を下げに来たのだろうとまた目を瞑る。次の瞬間パジャマのズボンを下げらっれて口に含まれている。
「戻って来たのか?」
と言いながらカオルのものを含む。
「細い!」
「やっぱりだめか!」







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR