空白 鏡の向こう 8
FC2ブログ

鏡の向こう 8

 翌日遅くなってもカオルは帰って来た様子はない。夕食はあのちいママが運んできてくれた。マネージャーが夕方出かけたという。仕方なく食事をしながらUSBの見過ごしたの部分を見てゆく。
 総理のNとは伊藤は面識がないようだ。この日記を見るとTと初めて国会議事堂の中で会っている。これからの繋ぎは私がやるという顔見世だった。Nにはいつも私設秘書がいた。でも彼と単独で会った記録はない。Nが紹介された頃、彼はまだ総理ではなかった。月に1度くらいの割に鞄を持って国会議事堂を訪ねている。これにはTは同席していない。会った日付に●の印が付いている。これが2つの時もあれば3つの時もある。●は1千万を表すのだろうか。そして党首選の3か月前、◎の印があった。この金はどこから用意されていたのだろうか。
 Nが総理になった夏、Tの指示でNを迎えに行ってKの店に連れて行った。この日は私設秘書が同席していなかった。N一人?とメモがある。この頃はすでに私はカオルとはできていてすでに新宿のマンションにカオルが頻繁に遊びに来ていた。決して店では遊ばない。カオルの部屋にはTがよく泊まりに来ていたのだ。
 やはりその日のことを記録している。私は店でお茶を飲んで待っていた。どうせショーが終わればNを送らなければならない。だが店を見渡してもNの姿もKの姿もなかった。
「明日9時に迎えに行け」
と言う短いTの不快そうな指示が入った。その日があのビデオをが撮られた夜だったのだ。
 急にドアが開いて、ちいママに背負われたカオルとマネージャが入ってきた。さっそくカオルはベットに寝かされて顔をしかめている。
「私が」
とマネージャが言うのをカオルが遮った。
「修司のしてほしい。戦った私を慰めて」







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR