空白 鏡の向こう 10
FC2ブログ

鏡の向こう 10

 サエに電話を入れてよいといことになり、マネージャーが外していた回線を繋ぐ。
「今日はママは?」
「大阪の店に新しい女の子を連れて行ってます。こちらの店で1か月ほど教育して送っているのです」
「体は?」
「ママは社長です。大阪の次の店舗を考えておられます。私達の働く場所を作るのが夢なのです。私の果たせなかった夢でもあるのです」
「それで夢を選んだというわけだ」
 それにはマネージャーは返事をせず部屋を出ていく。今頃はサエは店に着いた頃だろう。
「・・・」
 しばらく呼び出しているが出てこない。それで切ろうとしたらサエの声がした。
「すいません」
「サエか?」
「イサムね?」
「頭取とは話が付いた。もうすぐ帰れる。記憶は戻らない」
「店の方に巡査が回ってきてイサムのスーツ姿の写真を見せて行ったわ」
「何か言っていたか?」
「尋ね人としか。ボンの店にも来たと言っていた。それで朝ボンが週刊誌を届けてくれた。少し読んでみるね。ITMファイナンス事件は伊藤の解任で終わらない。メインバンクの頭取とも深く関与しているとみていて、行方不明の第2課長が事情を知ってると・・・」
「今度は警察か。カオルが言うようにしばらくはまた変装だな」
「それと今晩前のカラオケバーのマスターに呼ばれているの」
「それも?」
「どうもまた違う話のようなの」









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR