空白 戸惑い 1
FC2ブログ

戸惑い 1

 この時間だとサエはまだ店にいるだろうと、ちいママと別れてタクシーに乗った。大阪の店からだと20分ほどで着く。念のためにガラスの眼鏡をかけた。予想通りまだサエの店は赤々と電気が灯っている。今晩は朝まで抱きたい気分だ。覗き込もうとしたらフミコの顔とぶつかる。もうこちらの店に来ているのだ。
「フミコ頼む閉めて帰って」
 サエが腕を抱えるように路地の中に引っ張って馴染らしいバーに入る。
「どうしたんだ?」
「電話でカラオケバーのマスターに会うって言ってたよね」
 鞄から丸まった新聞を出して見せる。妊婦が追ってきた横浜のやくざに刺されたとある。妊婦は8時間後死亡したが赤ん坊は無事だったと書いてある。
「殺されたのはカノン」
 彼女は大阪から逃げる最後の夜に私が抱いた。記憶が蘇ってきた。
「カノンはカラオケバーの名刺を出してサエに伝えてと最後に言ったそうよ。この子はイサムの子だと」
 こんなことってあるのだろうか。たった一度の射精で。
 出されたビールをサエに注ぐ。次の言葉が出てこない。目を見るが怒りも泣きもしていない。
「いろいろ考えたよ。カノンとイサムの子なら可愛いだろうなって。私とイサムじゃ何万回やっても子供は生まれない。イサムの子はほしい」
「サエはどうするんだ?」
「おばちゃんでいいかなって」
「駄目だ。それなら夫婦になるべきだ」
「腹違いの兄妹が夫婦はだめだよ。それに私は男よ」
「それももともと作り話だ」
「引き取る。そこからスタートよ」






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER015477MKZ

Author:FC2USER015477MKZ
学生時代に書きためたノートの埃を払って万年筆の文字を打ち直し始めた2作目です。この作品は未完で今回はなんとしても完成したいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR